医療の花形「外科」勤務について外科には内科にはない魅力があります!

看護師にとって外科の仕事は魅力的

,

看護師にとって、外科の仕事は魅力的です。他の病棟とは違い、外科での仕事は高い看護スキルを求められ、自身の大きな成長を得ていくことが可能になります。外科での仕事はオペの対応等、高いスキルと的確な仕事ぶりが求められます。手術をスムーズに進めていくためには、テキパキと動けることと、豊富な知識やスキルを求められるでしょう。

外科といっても、脳神経外科から消化器外科に至るまで、様々な分野があり、求められる知識はそれぞれで違ってきます。内科等での就業に比べ、高いスキルを必要とする外科での看護の仕事は、患者のケアだけではなく、家族へのメンタル面での気使い等、様々なことを担わなければなりません。

オペ前で不安を感じる患者や家族の心情を気遣い、日々のバイタルチェックやメンタル面のバランスを考えて、日々の業務を遂行していくことが大切です。残業が多かったり、急なオペが入ったりと、忙しい業務ではありますが、患者の経過を見守り、順調な回復をサポートしていける点にやりがいを感じるはずです。

外科でのオペに関する技術は、日進月歩であり、自分から進んで研修や勉強会に参加する等、自己研鑽を行なっていく必要があります。患者の生死に関わる手術を担当する分野である外科勤務は、自身の看護スキルを大きく高めていくためにはうってつけです。患者や家族が抱える病気や怪我に対する不安を解消し、順調な回復を直接的にサポートする外科の仕事は、人生経験においても役立つでしょう。