医療の花形「外科」勤務について外科には内科にはない魅力があります!

オペの多い外科での仕事について。

,

外科病棟での看護師の仕事は花形とも言われています。怪我や病気で入院し、手術を受ける必要がある場合には、患者が安心して手術を受けられるように万全のサポートをしなければなりません。外科と一言で言っても、消化器外科をはじめ呼吸器外科、脳外科など、幅広い科目があります。

外科は内科とは違い、広範なスキルを要求されますので、常に看護技術を磨いて自己研鑽を進めていくことが必要になります。残業があったり、夜勤があったりとハードな業務が伴うのも事実ではありますが、看護師として働くには、外科ほどやりがいのある業務はなく、患者が回復していくのを見守る点にやりがいと魅力を感じられるでしょう。

手術前の患者は不安を感じていることが多いので、外科勤務の看護師は入院している患者や家族の不安を取り除き、手術に備えていくことも重要です。手術前後の処置や検温、全身のケアと、病状や怪我により対処の仕方は違ってきますが、看護師が行う業務は人命を救うことにも繋がるため、大きな責任があるのは事実です。

多くの病棟がある中でも、高いスキルと責任のある外科病棟は、同時に高い報酬を得られるのも事実です。常に患者の容態に気を遣い、適切な処置と早期の退院を目指してサポートをする業務は、きっと看護師としての誇りになるでしょう。専門分野により、求められる知識は違ってきますので、外科に関心のある方は、自己研磨を怠らないようにしましょう。