医療の花形「外科」勤務について外科には内科にはない魅力があります!

外科専門の看護師になると身につく能力

,

ある程度の経験を積んだ看護師は、専門科目を決めることになりますが、そのときに外科を選ぶのには魅力があります。内科と比較してみると、外科の方が実用性の高いスキルが身につきやすいのが特徴です。

内科の場合は、どちらかと言えば知識に基づく判断力や、コミュニケーションスキルが身につきやすい傾向にあります。入院患者の容態も安定しているので経過観察が多く、急変するリスクも少ないので、落ち着いて対応することができるからです。それに対して外科の場合は、基本的な治療は手術になるので、その前処置や術後のケアが必要になります。

前処置では多様な医薬品を使用することも多く、注射や点滴などの基礎的なスキルを応用しなければならない場面が多かったり、他の医療機器についても使用する機会に恵まれたりするのが特徴です。術後は急変が起こりやすいので、それに備える処置の補助を行うことも頻繁にあります。多様な処置を毎日のように経験できるのは、外科の大きな魅力です。

また、腕の良し悪しで結果が左右されるようなスキルを習得しやすいのも外科の特色であり、若いうちに外科で経験を積んでおくと、看護師として一生使えるスキルが身につくでしょう。将来的にどの方向性に進むにしても、臨床現場で働く看護師である限りは有用な経験を積めるはずです。将来性の高い看護師になるための基礎を広く身につけたいと考えたら、外科でトレーニングを積むのは賢い方法です。